Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2010年4月

「湾に月」

湾に月ならむものはならむと言ふ君の唇紅くなりをり
富士山に傾ぐ太陽やはらかし 最後に泣いたのは何時だらう
月の夜に旅へとゆかな砂場にはポカリスエット十度傾け
新月の海にきらめく町の火がとほくにみゆる伊豆半島の
野の路にゆれるコスモス摘む娘 我に一輪きみにいちりん
橙の灯りをかぞへ離れゆくやがてはミラーに映るくら闇
白線の流れに沿つて下る坂つぎなる町の灯りは見えず
前方のテールランプを追ひかけてわたしの眼あかいと思ふ
東名、伊勢湾岸、第二名神 モーニング珈琲は琵琶湖の辺り
うみならばここにもあるさ古臭い台詞のやうに大阪の海

ナイル2月号

Read Full Post »

錆びれゆくアーケードを潜る秋風に乗せてみませう己が靴音
窓の外、乳母車には銀髪の幼児の笑み撫でてゆく風
盛衰の人の流れに従ひて喫茶ナイルに吐き出す紫煙
延々とハネーサツクルを読む午後の素足の先を河は流るる
ゴムの木の青葉に埃うつすらな夢がみえたら手紙を書くよ
たかい鼻あをい瞳の群るるなか喫茶ナイルに行灯ともる
お絞りの黄色が褪せてをりました 記憶の中の花はひまはり
硝子扉は一度行き過ぎその後にカチリと鳴つて役目を終える
遠い日の子供のやうに電球を眺めてゐますマツチありますか
燃ゆる火をたばこに移し夕闇の深まる路地へ溶けるしかなく

ナイル1月号

Read Full Post »

父さんはバラした銃を組みあげて大事にしろと僕が引き継ぐ
草笛は聚楽館の兵隊さん 子供を掠うってほんとうですか
ひまわりの種をあつめて妹はビンの底からひふみひふみと
恋をしたみたいなんだと姉さんはぺんぺん草を耳元で回す
しょっぱさは耳を咬んだ日ゆう暮のあかんべあかんべの鬼瓦
あの鶏は風吹くままと言うけれど回りまわって白髪の母
象さんの尻尾を掴みきりんだとあの娘は泣いた 二十四の春
かん缶に思いをつめて蹴飛ばして靴まで飛んで青空である
すんだ眼の勇紀の為に組み立てる父にもらった輪ゴムの銃を
なんだろね今夜の月はきれいだわ ひとつの窓に四人が揃う

「ナイル12月号掲載歌」

Read Full Post »

紺青に

紺青に「私の母よ」谺してわたしは背負ふわたしの母を

Read Full Post »

Hello world!

Welcome to WordPress.com. This is your first post. Edit or delete it and start blogging!

Read Full Post »